小布施から車で15分 須坂長野東インターから20分

TEL 026-242-2525

お電話受付午前8時〜午後10時

ご予約・お問い合わせ

散歩道

 

長野県史跡 
戸隠神社信仰遺跡
昭和54年3月22日指定

戸隠神社は、奥社・中社・宝光社の三社からなっている。
平安時代から修験道が行われ、日本有数の霊地として知られていた。
縁起によると学問行者が修験を始めた年代を嘉祥二年(八四九)
頃としていて、これが戸隠寺(奥院)の起源となったという。
その後200余年を経て康平元年(1058)に宝光院が、さらに寛治元年(1087)に中院が開かれたという。
明治の初めの、神仏分離により、寺を廃し、
奥院・中院・宝光院をそれぞれ奥社・中社・
宝光社と名称を改めた。
中世には、戸隠山は、武田、上杉の争乱に
巻き込まれ、甲越両軍の戦略によって絶えず
危難に脅かされたので、三院の衆徒らは、
一時、大日方氏の領内、水内郡小川の筏が峰
(現小川村)に移り、約30年の歳月を
ここで送った後に戸隠山に帰った。
修験の山の旧態がなおよく保存されている奥社・
中社・宝光社及び筏が峰三院跡(奥院跡・中院跡・宝光院跡)が史跡指定となっている。
なお、奥社・中社付近の考古学調査は、
昭和38年(1963)から
昭和40年(1965)にかけての
戸隠総合学術調査の一環として行われ、
講堂跡をはじめ数々の遺構などが
明らかにされている。

長野県教育委員会

『戸隠神社信仰遺跡』説明看板より引用。


 

 
 
 
 
 

長野県天然記念物
戸隠神社奥社
慶長十七年(1612)に幕府より千石の朱印地を拝領した戸隠神社は、奥社を中心に坊を集め、参道には植樹して杉並木をつくり、一山の威容を整え、随神門から約500メートルにわたって、当時に植えられた約200本程度のクマスギの並木が続いている。
また、周辺の森林(約51ヘクタール)を社叢として栽培を禁じたために、ウラジロチイチイなどの針葉樹やブナをを交えたミズナラハルニレなどを中心とする原始林的社叢として保存されてきた。
さらに、日本海型の珍しい植物や南刀系の両生類なども見られる。
樹林に繁殖する小鳥もクロジ、キビタキをはじめ約80種類を数え、日本有数の小鳥の繁殖地となっている。

 

戸隠神社[ホームページはこちら]
戸隠観光協会[ホームページはこちら]
[地図はこちら]